好きな人にご飯を作るのはすんげー楽しい。 おいしいねって喜んでもらえたらもっと楽しくなるよ。 フードコーディネーターSHIORIのごはんブログ。2007年8月7日宝島社より書籍化しました*リンクフリーです*


by shiori1608
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

CHU-KA-DON

c0106010_8424641.jpg

小学生で初めて母から片栗粉のとろみ付けを教わったとき、感動と楽しさからとにかくいろんなものにとろみをつけるようになりました。片栗粉のことは、魔法の粉と読んでいました。
まず、さわり心地が不思議!あのキシキシした感じ。なんだ??水に溶いても少し時間が経つと沈殿しちゃってそのさわり心地も不思議!こんな感じで片栗粉の魅力に取り付かれ、今でもとろみの付いたあんかけ状のものが大好きでよく作ります。とろっとした中華スープもダイスキ♪

**************************
中華丼って、片栗粉の使い方さえマスターすれば実はすんごく簡単なの。

いつもどおり人数分の野菜炒めを作る
           ↓
とろみをつけるための中華スープを加える
           ↓
水溶き片栗粉でとろみをつける

野菜炒めは、自分の好みのものや冷蔵庫にあるもので0K♪わたしが中華丼に絶対はずせないものは、きくらげ(←地味っ!笑 すきなんです)、うずらの卵 のみ!
あとは、冷蔵庫と相談して決めます。オススメなのは ベースとして、白菜や青梗菜などの、葉物やさい。そして、豚バラやシーフードミックスみたいなタンパク質。そしてあとは、にんじんやたけのこ 絹さやなど♪野菜炒めの時点でも塩、胡椒、しょうゆなどでしっかり味をつけてあげてね。最初のいためる油もゴマ油がオススメ!最初にみじん切りにしたしょうがをいためてあげて、その後は、タンパク質から強火で炒めて野菜~の順で!

で、顆粒の鶏ガラスープを表示どおりの分量で作り、野菜の量にもよるんだけど、150~300ccぐらい フライパンのやさい炒めが半分スープに埋るくらい加えてあげるのがベスト。

で、最後に水溶き片栗粉でとろみをつける。水と片栗粉の分量は、同量ずつ。大さじ1くらいずつを合わせてよく混ぜ、弱火にしたフライパンに糸をたらすように、フライパンの中身は菜箸で混ぜながら加えてとろみをつける。とろみが足りなかったら、もう少し同量ずつ加えてあげて。

最後に、しょうゆ、オイスターソース、塩、胡椒などで味を整え仕上げに、香り付けにごま油小さじ2くらいをまわしかける。

*******************
そのまま食べれば八宝菜みたい♪ごはんにかければ中華丼♪固焼きそばにかけてあんかけやきそば♪おこげにかけてもよし♪

片栗粉を制したものが勝ち♪♪

中華丼だからって、どんぶりにもらなくちゃって概念もどーんと捨てよ*
たまにはふちアリの平たいお皿に盛ってみるのも楽しいよ♪今日のお皿は、ホーロー500円なり*


ついに・・ 二日間の徹夜を得て~~確定申告の準備が終わった!初めてだからわからないことだらけでこんなに時間がかかっちゃってけど とりあえず来年はもっと早くから準備をすることにします!笑 これから税務署に行ってきまーす♪♪
遅れてるコメントのお返事ごめんなさい!今夜から書けそうです^-^

料理ブログついに1位です。どうもありがとう*今後も応援よろしくお願いします
ポチッとワンクリックお願いします!!2つのランキングに参加してます♪↓↓
クリックするとリアルタイムランキングの確認できます♪
にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by shiori1608 | 2007-03-12 08:47 | 中華